きのこのこのこ、ニョッキリコ♪

感動ポイント:ハロウィンの時期が近づくと裏山のきのこが「待ってました」とばかりに顔を出し始めるんです。それがなんだか不思議で不思議で...。

10月31日のハロウィンが近づくにつれて、だんだん秋風に対する表現も「涼し~い」から「寒~い」に変わっていきます。秋風が「寒~い」に移行してきたら、ちょっと裏の野山を散歩してみてください。きっと、その辺のあちらこちらで可愛らしいきのこたちが顔を出して、あいさつしてくれています。野山の入り口付近や枯れ木の脇からヒョコッと顔を出しているもの。湿った土からチョロッと出てきているもの。いろんなきのこたちの表情に出会うことができます。でもでも、気をつけて!!こんなにかわいい形をしているのに、おいしそうなのに、毒を持っているきのこたちが多いですからね、用心、用心...。なかには、まるで森のなかの魔女だけがコッソリ採って食べていそうな形のきのこや裏っかわにきのこの妖精でも住んでいそうな色つやのものまで多種多様。だから、ここはあえて採らずに(写真に)撮るのがいいのかも...。きのこを収穫するには精通したプロと一緒にきのこ狩りに出掛けるのが賢明な方法。プロお墨付きの確実に食べられるとわかっているものだけにした方がいいですよ。ちなみに、ヒラタケは安心して食べられるきのこなので収穫しました。お鍋に入れると出汁が出ておいしいきのこの一つです。今年はハロウィンのディナー用にかぼちゃの姿蒸しの中にでも入れてみようかとこのところ思案中の毎日です。う~ん、秋の幸、山の幸満点のおいしいごちそうができそうですよ(笑)。

  • 【食べちゃダメ、ゼッタイ!】いっぽんしめじ(湿った土から顔を出しますが「毒アリ」です)
  • 【食べちゃダメ、ゼッタイ!】あせたけ(枯れ木に多くはえるきのこですが「毒アリ」です)
  • 【食べちゃダメ、ゼッタイ!】ヒトヨタケ(可愛らしい妖精でも隠れていそうですが「毒アリ」です)
  • 【食べてOK】ひらたけ(枯れ木に沿って生えてきます。食用です)
この記事をシェアする

田舎暮らしchannelはリンクフリーです。
どうぞご自由に下のバナー画像をご利用ください。

田舎暮らしchannel

おすすめサイト