衣装替えの達人:楓(カエデ)

感動ポイント:紅葉は秋の深まりを感じさせる季節感あふれる情景です。

今年は秋の気候が温暖なせいか紅葉の美しさはいまひとつの様子。そうはいわれても毎年徐々に色づく樹々の変化は感動に値する。なかでも紅葉の象徴ともいえる楓(カエデ)。楓は一般的に紅葉(モミジ)の名でも親しまれていますが、植物学上の分類では楓となります。紅葉は楓のほかに銀杏やサクラブナなど、秋に葉が赤や黄色に変色することを『紅葉(モミジ)する』といい、その代表として楓のことを紅葉とも呼ぶようになったようです。色の変化で時の移ろいを感じさせる楓ですが、ひとくちに楓といってもイロハモミジ、ヤマモミジ、オオモミジなどよく観察してみれば葉の大きさや形など種類は多彩。また、赤く色づく紅葉だけでなく、5月の芽吹きの季節には愛らしい花も楽しませてくれます。写真はヤツガタケモミジの花。そのほかイロハモミジは小さな赤い花を咲かせたり...。うっかりすると見逃しそうなほどほんの短い期間ですが、初夏の訪れとともに若葉とともにひっそりと咲くモミジの花。見つけたときはちょっと感動的な出会いでした。

  • イロハモミジ
  • ヤマモミジ
  • オオモミジ
  • 毎年5月頃に咲くもみじの花
この記事をシェアする

田舎暮らしchannelはリンクフリーです。
どうぞご自由に下のバナー画像をご利用ください。

田舎暮らしchannel

おすすめサイト