熊本

熊本の田舎暮らし助成

九州のほぼ中央にあり、水資源が豊富な熊本県。県内には11の地域があります。各市町村で移住の相談窓口を設けたり、住宅や仕事、子育てなどについての支援を行っています。

玉名市:住宅支援

市内に住宅を取得する際に補助金を助成する住宅取得補助金制度を行っています。申請可能な期間は、転入から1年以内になります。対象は、平成23年4月1日から平成28年3月31日までに住宅の取得にともない転入した方で、取得した住宅・土地の価格が500万円以上の方です。また、転入する前3年間は市内に住んでいないことと市民税などの滞納がないことも条件です。補助される額は、20万円が5年間で合計100万円の補助金を受け取ることができます。
他には、住宅をリフォームする際に補助金を助成しています。対象者は、住宅取得補助金の交付決定を受けた方で、転入から1年以内に交付対象の住宅を市内の業者に依頼して20万円以上のリフォームを行った方です。上限50万円とするリフォームの金額が補助されます。お問い合わせは玉名市役所 企画経営課地域振興係、TEL:0968-75-1421へ

玉名市:新幹線通勤定期券購入補助金

新幹線を利用して通勤する方に対して、定期券購入にかかる費用の補助を行っています。ただし、定期券の購入から3ヶ月以内に申請する必要があります。対象となる方は、住宅取得補助金の交付決定を受けた方で平成23年4月1日から平成28年3月31日までに発行された新幹線の通勤定期券を購入して通勤している方です。補助される額は、新幹線の通勤定期券の金額から勤務先から支給される通勤手当の金額を引いた額の2分の1で上限は月3万円までとなります。お問い合わせは玉名市役所 企画経営課地域振興係、TEL:0968-75-1421へ

上天草市:育児支援

新生児から小学校3年生までを対象に入院や通院にかかる医療費を一部助成しています。申請方法は、医療機関などでいったん自己負担分を支払い、同じ医療機関の同月分はまとめて「子ども医療費申請・請求書」へ医療機関からの証明をもらうか、領収証を添付して申請を行います。ただし、市内の医療機関などで受けた保険診療の場合は、窓口で受給資格者証を提示することで医療費の支払いをしなくてすむので請求書の提出が必要ありません。お問い合わせ上天草市役所 健康福祉部 福祉課 子育て支援係、TEL:0969-28-3351へ

上天草市:移住促進モデルタウン指定事業

市が指定する移住促進モデルタウンに移住者が家を新築か改修し、移住した場合には、住宅取得助成金として20万円を補助しています。

氷川町:住宅支援

町内登録施工業者によりリフォームを行う場合に、工事費の補助を行う住宅リフォーム等促進事業があります。対象となる工事は、増築や改築、補修などのリフォーム工事、廃屋の解体工事、年度内に工事が完了し工事代金の支払いが可能な工事となります。申請が可能な方は、住宅の所有者であり町内に住民登録をして住んでいる方です。解体工事をする廃屋の所有者は、この条件はありません。また、町税などを滞納していたり今までにリフォームの助成を受けている建物や世帯は補助の対象となりません。補助額は、工事費の20%で上限が20万円です。お問い合わせは氷川町宮原振興局 商工観光課、TEL:0965-62-2315へ

氷川町:育児支援

体調不良や育児を支援してくれる方がいない妊産婦に対する支援として、産前産後に家事援助のためのホームヘルパー事業を行っています。産前2ヶ月、産後4ヶ月(5ヶ月の誕生日前日まで)の間、日中の家族の支援が難しく家事や育児を行うのが難しい方が対象です。利用は、午前8時~午後6時までの間の原則1時間です。自己負担する金額はありません。食事の準備や後片付け、洗濯、掃除、買い出し、ミルク授乳、兄弟の世話などをお願いすることができます。お問い合わせ氷川町役所 健康福祉課、TEL:0965-52-5852へ

和水町:育児支援

第1子の出産から出生祝金の支給を行っています。申請は、生後6ヶ月以内にする必要があります。祝金は、子ども1人につき20万円が支給されます。ただし、第4子は35万円、第5子は50万円となります。支給の条件は、町内に住所があり出生後も子どもとともに引き続き町内に3年以上住むことなどがあります。3年以内に転出した場合には返還する必要がありますのでご注意ください。お問い合わせは本庁 健康福祉課 子ども家庭係、TEL:0968-86-5724へ
また、子どもの病院や薬局でかかる保険適用の医療費を助成する子ども医療費助成制度があります。対象となる子どもは、町内に住所があり満18歳になった後の最初の3月31日までの子どもが対象です。保険適用の医療費の自己負担分が無料となります。お問い合わせは健康福祉課 子ども家庭係、TEL:0968-86-3111へ
さらに、チャイルドシートの購入費の助成も行っています。助成の対象者は、町内に住所があり子どもの年齢が6歳未満の方です。子どもの成長に合わせて(ベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシート)と一人2回まで申請ができます。助成額は、購入する際にかかった費用の2分の1以内で1件あたり1万円が限度となります。申請は、購入してから6ヶ月以内に行ってください。購入が出生前の場合は、出生日から起算して60日以内でとなります。お問い合わせは健康福祉課 子ども家庭係、TEL:0968-86-3111へ

北海道・東北

関東

新潟・北陸

甲信・中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

移住タイプ別支援