香川

香川の田舎暮らし助成

日本一面積が小さな県である香川県。都会の便利さと瀬戸内海や田園が広がる田舎の景色があります。温暖な気候と災害が少ないことが移住先として人気があります。空き家バンクなど各自治体で移住支援を行っています。

観音寺市:育児支援

中学校卒業までのお子様の医療費の自己負担分(保険適用部分のみ)を助成しています。また、放課後に親が仕事などでいない小学1年生から3年生の児童が利用できる放課後児童クラブや病児、病後児保育といった支援があります。さらに、第二子以降の場合は、就学前に限り、保育料が無料となっています。

観音寺市:空き家バンク

空き家を有効に活用し、定住促進をする目的や交流拡大をする目的として、空き家バンク制度を実施しています。空き家の売却や賃貸を希望している方の空き家情報を登録し、市内への移住・定住希望者との橋渡しをする制度です。空き家を利用したい場合は、まず利用登録をします。空き家バンク利用登録申込書へ記入し、名前と住所などが確認できる身分証明証のコピーを観音寺市政策部企画課へ提出してください。 お問い合わせは企画課 0875-23-3917へ

観音寺市:空き家リフォーム事業補助金

空き家バンクに登録した物件をリフォームする際には、補助金が出ます。対象となるのは、3年間登録可能な物件であることや以前に補助金をもらってリフォームを行っていないなどです。補助金額は50%までとなっており、限度額は50万円までとなっています。注意をしないといけないのは、リフォーム完了後に申請をしても無効となってしまう点であり、必ずリフォーム前に申請を行うことです。

東かがわ市:育児支援

出生祝金を出しています。対象は、市内にお住まいで、出生後も市内に引き続き住む新生児の保護者です。さらに、市内に住民票があり健康保険に入っている6歳までのお子様を対象として、医療費の自己負担分を支給する助成を行っています。また、平成25年4月からは、小・中学生の入院医療費の助成も始まっています。

三豊市:空き家バンク

空き家バンク制度があります。市内への移住や定住を応援するため、空き家の情報をを発信しています。空き家を登録している物件登録者と空き家を借りたり買いたいという利用登録者が、空き家バンク登録事業所の仲介によって契約できます。さらに、「空き家バンク」の物件登録者か物件利用者のどちらかが申請できる補助制度もあります。リフォーム工事費の50%で上限50万円までを補助しています。工事の前に申請が必要になりますのでご注意ください。お問い合わせは三豊市役所 政策部 田園都市推進課 電話0875-73-3011へ

直島町:空き家や空き地情報の提供

多くの方に移住や定住をして欲しく、空き家や空き地の情報を提供しています。お問い合わせは直島町役場建設経済課 087-892-2224へ

小豆島町:お試し移住体験

小豆島町に移住を希望される方に対し、中・長期滞在施設を提供しています。いきなり移住するのは不安という方に利用していただき、実際の島ぐらしを体験していただく場となっています。最短で1週間からの利用が可能で最長で3ヶ月です。生活するのに必要な最低限の家電製品や布団、食器なども準備してあります。施設の利用料金は光熱水費込みで1日あたり2,000円です。お問い合わせは小豆島町企画財政課企画調整係 0879-75-1800までお願いします。

土庄町:空き家バンク

都市部からの移住促進・地域活性化を目的として、町内の空き家を活用しています。町内にある賃貸・売買可能な物件を所有者が登録し、移住希望者へ情報を公開しています。また、要件を満たす小豆島外からの移住者に対しては交付金も交付されます。移住者1人につき5万円、1世帯あたり20万円が上限となります。

北海道・東北

関東

新潟・北陸

甲信・中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

移住タイプ別支援