大阪

大阪の田舎暮らし助成

あんしん賃貸支援事業 民間の賃貸住宅に入居を希望される方のなかで高齢者世帯や障害者世帯がスムースに入居できるように登録された専用の住宅情報を提供しています。ご自身で住居を探す時間や余裕がない、条件に合う物件がなかなか見つからない場合などは是非一度ご利用ください。それぞれのご要望に適う有力な住宅情報を入手することができます。お問い合わせは住宅まちづくり部居住企画課民間住宅助成グループ(06-6941-0351)まで。

大阪市:新婚世帯向け家賃補助制度
新婚世帯に対して賃貸住宅賃料の補助をおこなっています。対象となる方は一年以内に婚姻届を提出した方やこれから今年度中に婚姻届を提出する方です。また、夫婦のどちらも年齢が40歳未満であることが条件となっております。補助の対象となる住居形態は民間賃貸住宅に入居している場合であり、実質負担額が50,000円を超えるケースです。なお、当然ながら、市民税を滞納していない世帯であることが条件です。くわしくは都市整備局住宅支援受付窓口(06-6355-0355)までお問い合わせください。

豊中市:耐震補助制度
平成27年度までの直近二年間の間にかかる耐震改修費用の一部を補助しています。耐震に関する諸対策を施そうにもその多額な改修費用に二の足を踏んでいらっしゃる方などを想定した助成制度です。当補助制度に関する詳細は都市計画推進部土地利用調整センター建築審査課(06-6858-2422)へお問い合わせください。

豊能町:空き家バンク
町内に空き家物件を所有されている方に対して、当該物件の情報提供を呼びかけております。その空き家を町に定住したいと考えている方に安価にお貸しすることで定住率を高めようとしています。原則として、どなたでも当空き家バンクを利用して住居を確保することができますので、地域活動に積極的に参加していただき、地域住民の方々と協力して地域社会を充足していただけると助かります。本件に関するお問い合わせは総務部秘書政策課(072-739-3413)までどうぞ。

吹田市:重度障がい者等住宅改造の助成
重度の知的障がいがある方を対象に改築・改修の必要な箇所の実費を助成しています。助成限度額は最大50万円までです。助成限度額は所得税の納税額に応じて決定します。当助成を受けるに際して事前に必要な手続きがあります。くわしくは福祉保健部高齢支援課(06-6384-1375)へお問い合わせください。

摂津市:住宅改造の助成
65歳以上の方を対象に既存住宅の改造が必要であると判断された場合に限り、その費用を助成しています。助成額は所得税による制限や助成限度額あるので注意してください。助成適格者かどうかの判断などに関するお問い合わせは高齢福祉係(06-6383-1379)までお電話ください。

大東市:雨水貯留タンク設置補助制度
雨水貯留タンクの購入費用の一部を補助しています。対象となる方は市内在住者の方で、雨水貯水タンクの管理ができる方に限ります。対象となる雨水タンクの基準は(1)遮光性があるもの、(2)ふたの付いているもの、(3)所有者の敷地内で樋などから雨水を貯めることができるもの、(4)安全性の確保ができるものなどです。補助できる金額は購入や設置をする際の50%までといたします。ただし、市予算の範囲内でおこなっている事業になります。場合により先着順で承り、当助成制度が終了してしまう可能性もございます。あらかじめご容赦願います。くわしくは市民生活部環境課(072-870-4014)でご確認ください。

八尾市:木造住宅耐震改修設計補助制度
市では耐震改修を促進する目的で、市内の木造住宅に対する改修費用の一部を補助しています。ただし、補助金を受けるまえに事前申請が必要ですのでくれぐれもご注意願います。当助成制度の対象となる木造住宅の条件は(1)昭和56年5月31日以前に建築されたもの、(2)地階を除く地上階数が二階以下のもの、(3)耐震診断結果の数値が1.0未満であった場合などとなっております。補助できる金額は一戸につき当該費用の70%までであり、かつ150,000円をその上限額としています。市予算の範囲内でおこなっている助成制度ですのでお早目にお申し込みください。当助成制度の詳細につきましては建築都市部審査指導課(072-924-8553)にお願いします。

北海道・東北

関東

新潟・北陸

甲信・中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

移住タイプ別支援