静岡

静岡の田舎暮らし助成

静岡市:後期高齢者医療制度
平成20年4月から後期高齢者医療制度が施行されました。制度の対象者となるのは満65歳以上75歳未満の方で、一定の障害をお持ちであり、同制度への加入を申請して障害者認定された方や生活保護を受けていない満75歳以上の方です。保険料の納付方法は希望をすれば普通撤収にすることが可能となっています。税制上の被扶養者となっている方は扶養している方の口座から引き落としができ、社会保険控除の対象にすることができます。詳しくは保険年金管理課後期高齢者医療係(054-221-1081)までお問い合わせ願います。

静岡市:木造住宅耐震補強事業
災害に強い街づくりを促進していくために、昭和56年5月31日以前に建てられた木造住宅の耐震補強工事をおこなう所有者に対して補助金を交付しています。具体的な補助の内容は所有者の実年齢や耐震評点により異なります。耐震評点が低く、所有者が高齢者であればあるほど補助限度額は上がります。ただし、耐震補強工事を実施するまえに事前申請しなければなりませんので、くれぐれもご注意願います。事後申請は受け付けておりませんので補助金がいっさい出せません。本件に関するお問い合わせは建築指導課安全推進係(054-221-1124)で承ります。

静岡市:あんしん住まい助成制度
高齢者の方にやさしい住宅にするための改築にかかる費用の補助をおこなっています。対象となる方は(1)満65歳以上の方で、(2)介護保険の要介護認定がおこなわれており、(3)支援認定を受けた方です。申し込みの際には改築費の見積書、住宅全体の平面図、世帯全員の源泉徴収票などが必要になります。ご質問やご相談は社会福祉協議会(054-255-7127)まで。

静岡市:難病対策事業
平成25年4月1日より「障害者総合支援法」の対象に難病患者が加わりました。これにより障害者手帳を持っていなくても、相応の給付を受けることができます。具体的には、人工呼吸器を使用している在宅の特定疾患患者を介護するご家族などが滞在型訪問看護を利用した際に費用の一部を補助するなどです。そのほかにも、難病患者介護家族リフレッシュ事業として在宅療養している難病患者のご家庭を訪問し、日常生活(QOL)に関する相談や情報提供などをおこなう医療相談事業があります。お問い合わせは保健予防課医療援護係(054-249-3170)へ。

静岡市:不妊治療費助成制度
体外受精などの不妊治療を受けたご夫婦の治療にかかる費用の一部を助成しています。対象となる治療は特定不妊治療です。対象となる方の条件は(1)指定医療機関で治療を受けており、(2)静岡市に住民登録のある、(3)戸籍上、夫婦となっている世帯です。具体的な助成内容は治療内容により異なります。申請に必要な書類は医療機関発行の領収書や婚姻関係がわかる戸籍謄本です。くわしくは子ども未来局子ども未来部子ども家庭課(054-221-1161)までどうぞ。

静岡市:勤労者教育資金貸付金利子補給
市内に移住する勤労者が県の労働金庫から教育資金の融資を受けた場合にその利子の一部を市が負担する制度です。対象となる融資内容は大学や短大など修学のための受験費用や入学金です。償還期間は5年間の据え置き期間を含む10年間となっています。利子補給の内容は支払った利息の年1%以内であり、最大200万円を上限としています。詳しい内容につきましては静岡県労働金庫本店営業部(054-221-6111)へお問い合わせ願います。

浜松市:空き家バンク
地域活性化の担い手を確保する目的で空き家バンクを開設しています。市は空き家に関する情報提供や先方との連絡調整をおこないますが、実際の不動産仲介はおこないません。実際の契約の場合には売り主様との直接契約か、もしくは宅建免許証を有する正規の不動産会社に仲介をご依頼ください。本件については「浜松田暮らし推奨事務局(053-457-2243)」までお問い合わせ願います。

北海道・東北

関東

新潟・北陸

甲信・中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

移住タイプ別支援