富山

富山の田舎暮らし助成

富山市定住交流促進事業
富山への移住や定住に興味はあるけれど、やっぱり実際に住んでみないとわからないから二の足を踏んでいるという方のために市内での暮らしを疑似体験できる施設をこのたび開設しました。ただし、観光や会合目的で利用することはできません。利用できる期間は最長で13日です。利用料は一日につき1,000円です。タオルや石けんなどの日用品は備えてありませんので各自でご持参ください。お問い合わせは越中八尾観光協会かがみ専用ダイヤル(076-454-6301)までどうぞ。

入善町:住宅支援
空き家を活用した賃貸・売買の助成を行なっております。当該物件の売り主と買い主、もしくは貸し主と借り主の双方にメリットがあるのが特徴です。さらに、同居のための住宅の改築や新築を対象とした助成もあります。すでに町内にお住まいの方はもちろんのこと、これから町に引っ越してこようとしている方々も利用できる制度です。実際に入善町に移住をするきっかけになったという方もいらっしゃいます。

射水市:育児支援
市内に住む中学校3年生未満までのお子様の医療費を助成しています。難病などで高額な医療費がかかる場合でも助成対象としているので安心です。事実上の値上げや高騰が続く医療費を抑えられるので家計的にも安心していただけるのではないでしょうか。また、充実した育児支援体制が整っているのも射水市の大きな特徴となっています。

南砺市:育児支援
当市は保育料が富山県内のなかでもダントツで低いことが知られており、保育料が安いという理由だけで移住をしてくる方もいます。また、第3子以降の保育料は無料となるので、お子様が多いご家庭には非常に嬉しいポイントです。

小矢部市:育児支援
中学3年生までのお子様の医療費のなかで保険診療の自己負担分のすべてを全額助成しています。先天性の病気などで病院に通う機会が多いお子様がいるご家庭は非常にうれしいポイントだと思います。また、不妊治療についても積極的に助成を行なっており、最大で30万円ほどを助成しています。一般的に不妊治療は高額な出費となるので、経済的にお悩みだった方にはうれしい助成です。ほかにも、妊娠・出産を控えた方のために通院のための交通費として一回の出産に対して10,000円を補助しています。

砺波市:農林水産業従事への支援
新しく就農を目指している方に対して準備金や研修資金を無担保で貸し付けています。経済的な面が気になってなかなか就農に踏み切れなかった方も安心して専念することができます。なお、対象となるのは15~39歳までの方です。農業経験の有無は不問です。

氷見市:住宅支援
定年退職などによるセカンドライフのための住宅購入を検討されている方に対して支援しております。当市は自然が多く、たいへん落ち着きのある環境ですので、セカンドライフを楽しむにはピッタリです。また、定住を促進する目的で住宅を所得した際の補助制度もあります。

氷見市:田舎暮らし体験
田舎暮らしを体験できるゲストハウスを用意しています。利用できる期間は最長7日間までです。利用料金として一日あたり1,000円いただきます。利用をご希望の方は事前に空き家情報バンクに登録していただく必要があります。是非この田舎暮らし体験をとおして当市への移住をご検討いただきたいと思います。

魚津市:住宅支援
市内での居住のために取得額が100万円以上の住宅に限り、「うおづの木利用促進事業補助金」という支援策をご用意しております。一年以上魚津市外に居住していた方が対象です。新築のほか、増改築および各種リフォームもこの対象に含みます。

北海道・東北

関東

新潟・北陸

甲信・中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

移住タイプ別支援