埼玉

埼玉の田舎暮らし助成

就業支援 若者自立支援センターではなかなか思うように就職できない若者が自立できるようにサポートをしています。具体的にはパソコン操作の基礎などを教えています。パソコンができるようになれば、面接でアピールができるようになりますし、ひいては自立へと繋がります。自立ができない若者は決して少なくありません。本支援を足がかりにして経済的な自立を達成できた若者も多くおります。

川越市:収穫体験
「いもほり」専門の農園の荒幡農園では「川越いも」の収穫体験ができます。開園時期は9月中旬から11月上旬となっています。安心して楽しむことができますので小さなお子様連れでもお気軽にお越しください。とくに農業に関心が高いにも多数ご利用いただいており、おかげさまで好評を得ております。

東松山市:農業体験教室
国文牧場では畑での植え付けや収穫などの農業体験教室を行なっています。そのほかにも自家製パン焼きや流しそうめん、そば・うどん打ちなどを行なっております。現在のところは不定期ですが、放鷹術や食育講師を呼んで各種イベントも開催しております。本体験教室を通して農業従事者層が増えることを期待しております。

秩父市:ちちぶ空き家バンク
秩父地域で土地や建物を所有している売主様や貸主様とこれから秩父に住みたい方や空き家を買いたい・借りたい方との橋渡しのお手伝いを目的としているちちぶ空き家バンクという制度があります。この空き家バンクに登録すると好条件のオススメ物件を紹介しており、実際にこちらで紹介した物件を購入していただいたり、賃貸物件をお借りいただいております。

宮代町:ほっつけ農遊塾
「ほっつけ」とは「ほっつきまわる」の意で「あちこちうろつきまわる」ことを指します。田んぼや雑木林のある田舎を楽しむことができる「ほっつけ農遊塾」というアミューズメントパークでは田植えや稲刈りなどの農業体験をはじめ、小学5年生を対象にした総合的に農を学ぶ教育ファームやNPOによる体験田植などを実施しております。

ときがわ町:空き家バンク
民間所有の空き家を利用して、若者を中心に定住を促すことで地域の若返りを図るとともに、再活性化させることをおもな目的としている制度です。とくに田んぼや畑、森林の次世代の担い手である若い従事者を対象に優先的に空き家を紹介しています。くわしくは企画財政課(電話:0493-65-1521)まで。

ときがわ町:空き家リフォーム工事助成金
林業に従事したいという方を対象に「空き家リフォーム工事助成金」が受けられます。町には森林が豊富に存在していますが、実際に保守・管理をしているのは高齢者の方々で後継者不足と木材価値の損失が喫緊の課題です。林業の未経験者でも助成金を得ることができます。林業で生計を立てることができるように町全体を挙げて手厚くフォローいたします。

ときがわ町:農業・農村体験
町内外を問わずどなたでも「奥畑ふるさと農園」で野菜づくりをたのしめます。季節によっては田植えや豆腐づくりなど、さまざまな農業・農村体験も実施しています。農業に興味がある方のご応募をお待ち申し上げます。どうぞお気軽にお申し込みください。

ときがわ町:子育て奨励金
少子高齢化により子どもの数は減少していますが、ときがわ町自慢の最高の自然環境がみなさんをお待ちしております。とくに萩ヶ丘小学校の校舎を一度ご覧いただければ、きっと素敵だなと感じていただけると思います。子育て中の世帯には補助金などを支給しております。落ち着いた田舎暮らしがしたいという方からの移住をお待ち申し上げます。

ときがわ町:農業体験
山村体験施設では地域に伝わるうどんや「きつね寿司」などをはじめとした郷土料理体験や木工・手工芸品づくり、周辺の農地を利用した農業体験なども楽しめます。施設の周囲には『越沢稲荷の大杉』や『砥石のヒノキ』『姥樫』などの貴重な巨木が多く残っており、春にはシャガ、秋はシュウカイドウなど珍しい草花のリアルな姿をたのしむことができます。農業や自然に関心の高い方は是非一度、本体験にご応募ください。

北海道・東北

関東

新潟・北陸

甲信・中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

移住タイプ別支援

1