群馬

群馬の田舎暮らし助成

群馬県で田舎暮らし体験 「ぐんまの山村・都市交流事業実行委員会」が企画する田舎暮らし体験会です。おもに六十代の方々を中心に田舎暮らしを体験いただくことで群馬県への移住を具体的に検討していただきました。先輩移住者からあれこれとアドバイスを聞く交流会やみそ作り体験会がとくに好評でした。首都圏から移住したいという方や週末限定で群馬ぐらしをのんびり満喫してみたいという方が多くいらっしゃいました。

桐生市:農林水産業従事支援
青年の就農意欲の喚起と就農後の定住と就業定着を図る目的で国の「青年就農給付金」を活用して支給をおこなっています。都心部から桐生へ移住してきた若者のなかには本支援が具体的な決定打となって移住を決意したという方もおりました。本事業は農業を始めたいという方々をひろく応援するものであり、都心部在住の方に限らず全国各地から多数のご応募をいただいております。

桐生市:起業支援
経営安定資金のなかから起業者支援資金という名目で市から融資を受けることが可能です。いまなら中心市街地に点在する空き店舗活用資金も併用できるので「群馬(桐生)で新たなビジネスをしてみたい」という向きには絶好のチャンスです。ちなみに、どちらの事業も中小企業等振興対策資金融資制度の資金です。

桐生市:就職・転職支援
「ジョブカフェぐんま東毛サテライト」という就職センターが窓口となり、若者たちの就活を応援しています。具体的には就職カウンセリングやおしごとの紹介、就職後のフォローアップまで一貫しており安心です。最近では本センターを利用して実際に就職や転職をしたり、給料や待遇がよくなったり、これまでよりやりがいのある業務をこなせるようになったという前向きな感想をいただくことが多くなりました。

黒保根町:育児支援
10年以上の定住をお約束いただいた世帯に対して結婚や出産の際に奨励金を交付しております。これからずっと黒保根町で暮らしていこうとお考えの方にはまたとない朗報です。安心して子育てしながら就労できるように保育園の紹介を市で行なっております。子育て支援センターや放課後児童クラブなども充実しているのでちいさなお子さまがいるご家庭でも暮らしやすい環境をご用意しております。

下仁田町:住宅支援
移住希望者に空き家を紹介する事業や新築を購入された方に奨励金をお出しする事業を積極的におこなっています。実際に本事業を利用して移住された実績もありますので安心してご利用いただけます。また、ボランティア有志が定住をお手伝いしますのでご年配の方や引っ越しなどのわずらわしさを心配している方も是非一度ご相談ください。

神流町:生活支援
世帯主の年齢が満50歳以下のIJUターン者が5年以上借家に入居することを条件に、3年間生活資金を補助する生活支援策があります。具体的には家賃から住宅手当などを差し引いた額を補助いたします。最高で月額一万円かあるいは一万円以内で済む場合には必要額の二分の一を支給しています。

神流町:育児支援
急に保育園にお子さまを迎えに行けない時にファミリーサポートセンターが支援してくれる制度を設けております。お仕事の都合で帰宅時間がはっきりしない場合には安心です。また、平成25年4月から18歳までのお子様の医療費に対する自己負担をなくしました。さらには、第3子以降の保育料を無料にしました。これにより育児にかかる家計の負担を飛躍的に軽減できます。

南牧村:田舎暮らし体験
古民家で本格的な田舎暮らし体験ができる「なんもく暮らし体験民家」を設置しております。「自然豊かな南牧村の魅力を肌で感じることができる」といった感想を多数いただいております。本体験会を機に実際に南牧村に移り住んでいただいた方も多数いらっしゃいます。おもに都会の喧騒を離れて落ち着いた環境で暮らしたいという方々にご応募いただいております。

南牧村:体験入居
南牧村では民家を改修し、家具や家電製品を備えた「なんもく暮らし体験民家」の入居者を募集しています。移住を希望している方に事前に一定期間、村での実生活を体験してもらい、本格的な移住が可能かどうかを判断してもらうのが目的です。滞在中は希望をすれば、地元の若者たちを中心に結成された「南牧山村ぐらし支援協議会」が移住のサポートをいたしますのでなにかと安心して生活ができると思います。

北海道・東北

関東

新潟・北陸

甲信・中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

移住タイプ別支援