栃木

栃木の田舎暮らし助成

栃木市:育児支援
子育て相談や医療費無料化、赤ちゃん誕生祝金などの支給をおこなっています。また、地域子育て支援センターでは0歳~6歳までのお子さまとご家族のかたとの交流の場を設けており、たのしい子育てができるように保育士が応援しています。このように、市には充実した育児制度があるので小さいお子さまがいるご家庭でも移住しやすい環境となっており、都市部から移住されて来られた方が多くいらっしゃいます。

足利市:住宅支援
市内に住宅を新築し、その住宅を主に居住することや市内の新築住宅を購入し、その住宅に居住することを条件に当該住宅部分の面積に応じて5万円~10万円の市内有効の金券を交付しています。この制度を利用することで新築費用や新築購入資金を補うことができます。

大田原市:田舎暮らし体験
落ち着きのある、のどかな田舎暮らしを体験できる住宅をご用意しています。具体的な内容としては20坪もある菜園を無料で開放していますので気軽に農業体験ができます。利用できる期間は6ヶ月間で、地域住民と交流していただける市外在住の方が条件です。お問い合わせは大田原市役所商工観光課(電話・0287-23-8709)へ。

大田原市:空き家バンク
市内の空き家情報を仲介する空き家バンクを2014年8月に開設しました。今後、定住希望者には家賃や改修費などを補助する制度も導入予定です。現在、約750戸ほどの空き家が存在しています。緑がゆたかで落ち着いた生活ができます別荘として購入されてもかまいません。バンクに登録されている空き家を購入し、リフォームやリノベーションなど改修・改築して定住する場合には修繕費用として50万円を上限に援助します。あわせて耐震補強が必要な場合には前述の上限50万円とは別に最大60万円の補助を利用することができます。

那須烏山市:移住定住促進制度
新規転入ではなくても、自身の居住目的ですでに市内に住宅を取得しており、かつ市内に永住する意思のある世帯には新築時には20万円、中古住宅には10万円を交付しています。さらに、新規転入者の場合には10万円が加算されます。また、市内の建築業者を通して新築住宅を購入した場合にはさらに10万円が加算されます。これほど好待遇な自治体はほかにあまり例がないのではないでしょうか。

日光市:農山村生活体験
市内にある農家で地元の方の日常生活を体験しつつ、地元の方と交流を深めてもらうことで二地域居住や移住を促進しています。ひいては、地域の活性化と農林業など第一次産業への参画・振興に少しでもつなげることを目的にしております。本体験の参加対象者は(1)暴力団員関係者でないこと、(2)農林業体験に興味や意欲があること、(3)本事業の主旨を理解し、賛同できることなどです。

那珂川町:田舎暮らし
移住希望者を対象に町有地を無料で貸し出すという事業をおこなっています。具体的には、町の北東部にある大山田下郷地内の町有地を10区画に整備し、町外在住者限定で住宅用地として20年間無償で貸し出すという内容になっています。貸し出す用地は一区画あたり約150坪であり、家屋を新築したり家庭菜園として利用することなどができます。

矢坂市:お試し制度
市内には「お試しの家」という古民家を利用した田舎暮らし体験施設があります。滞在中は農業体験を通じて地元のかたと交流を深めることができます。棚田オーナー制度では田植えから収穫までの農業体験をすることができます。

下久我:田舎暮らし体験
このたび、田舎暮らしが体験できる「古民家久我の庄」が下久我にオープンしました。空き家となった旧家を再利用し、家庭菜園での軽作業を楽しみつつ、地域の人とゆったり交流してもらうのがおもな目的です。本体験を通して久我の良さを理解してもらい、実際に移住してこられた方もいます。いますぐには移住をする意志がない方でも将来的な選択肢としてご検討されている際には積極的にサポートもしております。

北海道・東北

関東

新潟・北陸

甲信・中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

移住タイプ別支援