宮城

宮城の田舎暮らし助成

美里町
宮城県住宅供給公社の住宅団地ゆとり~とが小牛田震災復興を応援するため、引き続き宅地分譲価格をできるだけお求めやすくなるようにしました。東日本大震災の被災者の方を対象に震災復興応援価格を設定しております。美里町では移住への支援策として、「ゆとり~と小牛田」「グリーンタウンなんごう」に住宅を取得する方に最大年間15万円の住宅取得支援金を交付しています。お問い合わせは美里町役場電話:0229-33-2111へ

加美町:空き家バンク
加美町では、空き家等の有効活用を通じて、都市と農村の交流拡大および定住促進による地域の活性化を図るため、空き家等情報登録制度を創設しました。空き家バンクは、町のホームページ上に空き家物件情報を掲載し、「空き家を売りたい・貸したい」と考えている所有者と「空き家を利用したい」という希望者との橋渡しをするものです。空き家を売りたい人や貸したい人は加美町空き家等利用希望者登録申込書および空き家等利用交渉申込書を町に提出してください。

大衡村
40戸×2棟間取り:3DK、家賃1〜3階:38000円、4階:33,000円、5階:28,000円の賃貸物件が大衡村にあります。入居資格は村内に定住を希望し,かつ居住するための住宅を必要している方、入居を希望する者の世帯所得が基準額以上であること、市区町村が賦課徴収している税金等を滞納していない者であることなどです。お問い合わせは大衡村役場農林建設課建設班TEL:022-345-5111へ

色麻町
色麻町では、町独自の子育て支援策として、乳幼児・児童医療費助成制度を設けており、満15歳まで医療費の自己負担は無料です。国内すべての医療機関が対象です。助成対象者は満15歳以下で色麻町に住所を有する方です。助成内容は各種医療保険法の規定により助成対象者が負担すべき額の全額を助成します。所得制限はありません。お問合せ 色麻町役場 町民生活課 国民健康保険係(電話0229-65-2111)へ

富谷町:住宅地紹介
住宅地を分譲している団地はハーモニータウン杜のまち。平成10年に分譲開始。富谷町と大和町をエリアにする団地で、富谷町分は「杜乃橋」となります。スマートコモンシティ明石台平成23年に分譲開始。地下鉄「泉中央」駅から約3.7km。国道4号線バイパスや泉I.Cから東北自動車道、富谷ジャンクションから北部道路と車によるフットワークに優れています。お問い合わせは富谷町役場TEL 022-358-3111へ

松島町:子育て支援
町内の保育所では障がい児保育・乳幼児保育・特別延長保育を実施しています。保育所の待機児童はゼロ。町では子育てニーズに対応したサービスの充実を目指します。また、子育て支援センターでは、子育て中の皆さんが安心して楽しく子育てできるようにお手伝いをしています。「集いの広場」「季節行事」「育児相談」「赤ちゃん訪問」「講演会」「障がい児療育支援」などいろいろな活動を通して親子の絆を育みます。お問い合わせは企画調整課まちづくり支援班TEL:022-354-5809へ

山元町:山元町定住促進事業
本町では、新たにマイホームを取得し、山元町に定住を考えている「新婚世帯・子育て世帯・新規転入者」および「世帯向けの賃貸住宅」を建設する事業者を支援するための山元町定住促進事業をおこなっています。山元町で新たな生活を始めたいと考えている方や住宅や土地などを探している方に、「空き家・空き地・空き店舗」の情報を提供するための山元町空き家・空き地・空き店舗情報をご用意しております。お問い合わせは町民生活課生活班電話:0223-37-1112へ

丸森町:若者定住促進住宅
丸森町では、若者の定住を支援するため、さまざまな取り組みを行っています。入居対象者は婚姻後7年以内である夫婦又は婚約をしている者であって、そのいずれか一方が満35歳未満で、条例で定められた条件に該当する世帯。お問い合わせは建設課建築住宅班電話番号:0224-72-3032へ

丸森町:しあわせ実感・丸森いきいき定住促進事業
丸森町の少子化、高齢化さらには過疎化に歯止めをかけ、新婚や子育て世帯など若者世代の町内定住を促進し、町の活性化を図るための補助金交付制度です。面積が10㎡を超える増改築は、建築確認が必要となる場合がありますので、建築業者の方におたずねください。お問い合わせは丸森町企画財政課企画班TEL0224-72-3024へ

北海道・東北

関東

新潟・北陸

甲信・中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

移住タイプ別支援

1