田舎暮らしチャンネルへようこそ!!
古民家や土地などの田舎暮らし向け物件や地方の移住支援、各自治体の関連情報、各種イベントなど役立つあれこれをお伝えしています。
当サイトに掲載している田舎暮らし関連情報は各地方自治体様やNPO団体様、各種ボランティア様などのご協力により運営しております。
田舎暮らし 別荘別荘田舎暮らし古民家| 中古ログハウス伊豆別荘ログハウス駅前ホテル検索

 

カニの浜海道
注目の田舎暮らし関連マスコミ記事
毎週随時更新中

新着 【福島】 笠間で田舎暮らし体験 千葉の中1、教育旅行
茨城新聞-2016年6月11日
都会の小中学生が笠間市内で地方暮らしを体験する日帰りの「ふれあい教育旅行」が10日、初めて実施された。千葉県浦安市立明海中の1年生100人以上が訪れ、受け入れ先となった民家や農園、窯元など37軒が、日々の営みや地域の ..

新着 【福島】 田舎暮らし魅力発信 滝根の稲福さん夫婦 移住経験を伝授
福島民報-2016年6月4日
田村市滝根町で農産物加工業を営んでいる稲福和之さん(44)と由梨(ゆり)さん(31)夫婦は東京都から移住し、6次化商品開発に取り組んでいる。4日に同市で始まった移住・定住を促す周遊ツアーには主催者の一員として協力。 ..

新着 【神戸】 神河町、移住者の定住後フォロー 専任相談員配置
毎日新聞-2016年6月3日
兵庫県神河町は今月、町内への移住者や検討している人の相談に応じる専任の「移住コーディネーター」を配置した。手続きや地域に溶け込むための支援など、定住後のフォローを行い、田舎暮らしの魅力を町外へ発信する。 ..

新着 【東京】 路地の中や市場隣で、暮らすように泊まる ~東京R不動産
朝日新聞社-2016年6月2日
特別対談<6>路地の中や市場隣で、暮らすように泊まる ~東京R不動産 .... いろいろな問題が出てきてペイしにくいのが実態です。20床くらいでやっている宿には、ちょっと前の「田舎に戻ってカフェをやる」、という感じに近いものがあります。 ..
【長野】 田中要次、低予算で実家の蔵リフォームに参加「作業過程の苦労を実感」
マイナビニュース-2016年5月29日
現在この実家の敷地内に、家族は誰も住んでいない状態で、母屋は田舎暮らしを体験したい希望者に貸し出している。今回対象となった蔵も、観光客が短期の田舎暮らしを体験できるような宿泊施設、そして家族が遊びに戻った時に泊まれる ..

【青森】 旅で田舎暮らし体験 JAL、新サイトで「ふるさと」の魅力PR
日刊アメーバニュース-2016年05月29日
農家にJALと百戦錬磨のスタッフが実際に宿泊し、畑手伝いや収穫した野菜を使ったピザ作り、オーナー家族との交流など、初夏の東北が満喫できる田舎暮らし体験による驚きや発見、感動を動画や写真を通じて伝えます。 ..
【和歌山】 田舎魅力 過ごして発見
読売新聞-2016年05月25日
県は、県内への移住に関心のある都市部在住の人を対象にした「わかやま“なごみ”暮らし現地体験会」の参加者を募集している。 ... ほかに、広川町がサイクリングを行う「アウトドア」、那智勝浦町は学校見学や川遊びを楽しんでもらう「田舎で ..
【徳島】 やりたいことを追求するため「縮小主義」をお試し中。徳島のピザ屋さんが実践する、ハイブリッドな暮らし方
ハフィントンポスト-2016年05月24日
ギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもある鎌田安里紗さん。10代、20代を中心に支持を集める彼女はエシカル・プランナーでもあり、多数のファッションブランドとコラボをしたり、「エシカル」に興味を持ってもらえるようなイベントやスタディ・ツアーを手がけたりと、様々な形で発信をしています。 ..
【兵庫】 兵庫県朝来市が「住みたい田舎」No.1な理由 移住者の8割が20代~30代
livedoor-2016年5月21日
[ちちんぷいぷい‐毎日放送]2016年5月11日放送の「石田ジャーナル」のコーナーで、兵庫県朝来市の移住者支援が紹介されていました。『田舎暮らしの本』(宝島社)が全国の市町村に行ったアンケートで第1位に輝いたのが兵庫県朝来市です。 ..
【千葉】 週末は、8700坪の里山で暮らす
greenz.jp-2016年5月19日
これからご紹介する馬場未織さんも、二拠点での暮らしを実践するひとり。2007年、東京から千葉県南房総市へご主人と3人のお子さん、そして飼い猫2匹(!)と共に週末田舎暮らしを実践し始めました。 今年で10年目を迎える週末田舎暮らし ..
【福井】 田舎のまちの魅力は、「人生の実験」ができること
PRESIDENT Online-2016年5月17日
田舎のまちの魅力は、「人生の実験」ができること. “マネジメント”からの逃走 第47回. PRESIDENT ... 家賃無料」で田舎暮らしが半年間体験できる福井県鯖江市の「ゆるい移住」プロジェクト。県外からの体験移住を希望する若者に住居を一部 ..
【東京】 移住希望地ランキングに異変、地方を目指す若者世代の実態
ダイヤモンド・オンライン-2016年5月7日
田舎暮らし希望者への移住相談を行っているNPO法人ふるさと回帰支援センターの調査を基に、その実態を探っていこう ... 地方へという消極的な移住が増え、総務省の『地域おこし協力隊』、農林水産省の『田舎で働き隊』という制度がそれを ..

【全国】 田舎暮らしに憧れる女子が急増! 都会人が甘くみている田舎の真実
livedoor-2016年5月6日
写真拡大. 田舎と都会、どちらもいいところがあるけれど、やっぱり若いうちは都会の刺激的な暮らしに憧れますよね。 ... 近年の「ナチュラル志向」「オーガニック信仰」「ロハス主義」のイメージがあるのか、田舎暮らしも憧れの対象のようです。 ..

【全国】 田舎暮らしに人気の都道府県は?国内移住ランキングTOP5
TABIZINE~人生に旅心を~-2016年4月8日
毎年、都市から地方へ移住する人が増えています。地方移住者が増加している理由のひとつに、これまでのように稼ぐことを目的とした生き方から、自然や地域と触れ合いを大切にする生き方へシフトする若者が増えているという指摘があります ..

ちょっとひといき

あなたの出身県を当ててみせます!

こんな面白いサイトがあったんですね。方言に関するたった数問の設問に答えるだけで「言語形成期」といわれる3~14歳の時期にあなたがどこで過ごしたのかをピタリと当ててしまうそうですよ。いまのところ、正答率は約8割だそうです。東京女子大学作成。

出身地鑑定!! 方言チャート http://ssl.japanknowledge.jp/hougen/

ほのぼの感動写真館
ステキな写真がいっぱい

近年ますます注目されるようになってきた移住。その魅力を伝える写真を掲載しています。不定期の更新ですが、よりよい写真を撮影し、コツコツと掲載できるように手づくりでがんばっています。

また、皆さんからのほっこりスナップも随時募集しております。ステキな写真が撮れたら是非送ってみてくださいね。

写真館へGo!写真を投稿する

地方移住を応援します!
≪自治体だよりコーナー≫

全国の自治体様などが発信する田舎暮らし関連の応援企画やイベント情報を順次ご紹介しております。移住先やIJUターン先を選ぶ参考にもなると思います。情報のご提供はこちらからお申込ください(掲載無料・事前審査あり)。

2016年2月24日更新


【東京】

長野県・新潟県・福井県・石川県合同移住セミナー

《 6/18開催 》 ―参加費無料―

☆長野県 諏訪圏合同移住セミナー
わーくわく交流会
◆日 時◆
6月18日(土)12:30~15:00
◆会 場◆
NPO法人ふるさと回帰支援センター
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館5階
詳細はコチラ→【長野県】諏訪圏合同移住セミナーのページ

☆新潟県いといがわ暮らしフェア
~ジオのまち糸魚川の子育て!新潟県内唯一の海洋教育~
◆日 時◆
6月18日(土)13:00~15:30
◆会 場◆
NPO法人ふるさと回帰支援センター
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館6階
詳細はコチラ→【新潟県】いといがわ暮らしフェアのページ

☆ふくいUIターン就職&相談会
◆日 時◆
6月18日(土)17:00~18:00
◆会 場◆
NPO法人ふるさと回帰支援センター
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館56階
詳細はコチラ→ふくいUIターン就職&相談会のページ

☆石川県能登半島
穴水町移住セミナー&相談会
◆日 時◆
6月18日(土)17:30~19:30
◆会 場◆
NPO法人ふるさと回帰支援センター
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館5階
詳細はコチラ→穴水町移住セミナー&相談会のページ


【長野県】 【8/6~7開催】北八ヶ岳東麓 移住体験ツアー! 来て 見て 聞いて 味わって 農のある暮らし体験の旅【長野県 小海町】

長野県 佐久(さく)地域の小海町(こうみまち)と佐久穂町(さくほまち)をもっと知ってもらいたいと考え、移住体験ツアーを企画しました。

八ヶ岳の東麓に位置する2つの町は、【夏は登山、冬はスノースポーツができる山のある暮らしをしたい!農業、家庭菜園をやりたい! 大自然の中で子育てしたい!高原の別荘での暮らしたい!】 という方におすすめです。

開 催: 平成28年8月6日(土)7日(日) 1泊2日
開催地: 長野県南佐久郡 佐久穂町、小海町
定 員: 10名程度(応募者多数の場合、抽選となります。)
参加費: 大人3,000円 小学生以下1,000円
食 事: 朝1回、昼2回、夜1回
集合場所:AM10:45 JR北陸新幹線 佐久平駅
     車で現地集合も可。
     ※ 集合場所までの往復交通費は個人負担となります。 

申込締切:7月5日(火) ※必着

お申込み、お問合せは、下記まで 
※詳細チラシ裏の申込書をご確認ください。

〒384-0697 長野県南佐久郡佐久穂町大字高野町569
佐久穂町役場 総合政策課 政策推進係 (担当:黛、小池)
TEL:0267-86-2553
FAX:0267-86-4935
mail:seisaku@town.sakuho.nagano.jp 

〒384-1192 長野県南佐久郡小海町大字豊里57-1
小海町役場   総務課 企画係 (担当:原、篠原)
TEL:0267-92-2525
FAX:0267-92-4335
mail:koumi@koumi-town.jp


【スケジュール予定】
1日目:さくほ町で出会う!新規就農者の暮らしと古民家活用の見学
10:45  集合 JR佐久平駅
11:15  オリエンテーション
12:00  昼食 地産地消レストラン
13:00  佐久穂町 町内・住まい見学
15:00  就農者との交流
17:00  温泉 (希望者)
19:00  交流会 (先輩移住者が参加)

2日目:こうみ町で出会う!田舎の農場見学と高原の別荘暮らし
8:30   小海町 町内・買物見学 
9:30  空き家見学
10:30  農場見学 又は 別荘見学    
12:30  昼食 (先輩移住者が参加)
     ※地元産品を使用したバーベキュー
15:30  閉会・解散  

※天候等の諸事情によりスケジュールが変更となる場合があります。

田舎暮らしデータバンク

田舎暮らしや地方移住などに関する有益な情報を発信しているサイトの登録を随時受け付けております。登録は無料、相互リンクにご協力願います。当サイト担当者がリンク設置の有無を確認したうえで登録しておりますのであらかじめご容赦願います。

田舎暮らしデータバンクへの登録や推薦の申請はこちらで承っております。

田舎暮らしデータバンクの主なもくじ

  1. 公的機関の田舎暮らし・移住支援・観光窓口
    自治体等が行なっている移住支援・Uターン・就農相談受付窓口のご紹介
  2. 先輩たちの経験談
    実際に移住してマイライフを楽しんでいる方々のご紹介・体験談など
  3. 移住して就農をするための情報
    新規就農に役立つサイトのまとめ
  4. 菜園や農業の知識を身につける
    ベランダ菜園で準備運動。さあ、思い切って始めてみよう!
  5. 地方移住を支援する情報
    Iターン・Uターンして地方移住する就職情報
  6. 不動産物件情報
    田舎暮らし向きの不動産物件や古民家物件を取り扱っている不動産業者の紹介
  7. ぶらりと田舎を旅してみる
    グリーンツーリズム、旅行しながら下調べをする
  8. 田舎で遊ぶ
    自然はともだち!野外でのさまざまな遊びかた集
  9. 地方の特産物
    隠れた名産やその地元でしか味わえないローカルフードなどを案内
  10. 地方の祭り
    伝統的な祭りから最新イベントまで~こんなところからも地方移住のイメージをつかんでみよう!
  11. 古民家とは
    古民家についての解説や各地の古民家案内、実際の古民家物件、古民家移築に関するノウハウ、古民家材の紹介など古民家好きにはたまらない情報ばかりです。
  12. ログハウス
    田舎暮らしにピッタリのログハウス建築やログハウスキット、物件などを紹介

総目次へGo!

田舎暮らし不動産情報


こだわり派は必見!



別荘も充実!

[PR] 公的サイトのご紹介

見つけて!
やまぐちニューライフ

山口県への移住をお考えの方のためのIJUターン支援サイト。

 

 

 

-「半農半X」の田舎暮らしで見知らぬ地域の担い手になってみる-

普段から無農薬野菜や無添加の化粧品などが好きだったし、「飽きた」とは言い切れないまでも、都会の生活にも少しくたびれていたときだった。そんな折りに大阪市内で開催されたIJUターンフェアに顔を出したところ、島根県の田舎暮らし関係者から「半農半Xで移住してみないか」と声をかけられた。

聞けば、初心者向きの農業研修が受けられて、そのうえ最長二年の間は助成金として月額12万円もいただけるらしい。それぞれの「X」に相当する職種にあった仕事まで紹介してくれる。さらには農業研修後、農業をはじめる際に必要な設備資金の補助制度もあるとのことだった。

Hさんは2泊3日の現地体験ツアーにも参加したあとで「これなら私でも何とかやっていけそうだ」と思い立ち、島根へのIターン移住に踏み切った。自治体からの田舎暮らし助成金と看護師をしていたHさんにとっての「X」である病院からの給与を合せても、以前よりはだいぶ収入は減ってしまったが、「この島根での生活サイクルとかリズムは私にピッタリ」と笑顔で話してくれた。いまの農業研修が終わると、今度は自分たちで耕作地を広げ、今後約5年計画で農業による収入として年間で約90万円程度の販売額を目指していくのだそうだ。