田舎暮らしチャンネルへようこそ!!
古民家や土地などの田舎暮らし向け物件や地方の移住支援、各自治体の関連情報、各種イベントなど役立つあれこれをお伝えしています。
当サイトに掲載している田舎暮らし関連情報は各地方自治体様やNPO団体様、各種ボランティア様などのご協力により運営しております。
田舎暮らし 別荘別荘田舎暮らし古民家| 中古ログハウス伊豆別荘ログハウス駅前ホテル検索

注目の田舎暮らし関連マスコミ記事
毎週随時更新中

新着【神奈川】海の街・横須賀に住みませんか 市がPR冊子や体験無料ツアー
産経新聞-2015年12月1日
横須賀に住んでみませんか-。深刻な人口減少や少子高齢化問題を抱える横須賀市が、定住者を増やすための施策に本腰を入れている。10月から横浜市や県央地域でPR冊子のポスティングを始めたほか、ユニークな空き家対策も。あの手この手で市外から人を呼び込もうと躍起だ。..


新着【宮城】<くらし研究所>古民家改修 移住者を手助け
河北新報-2015年11月29日
宮城県七ケ宿町は空き家対策の一環で、寄付を受けた湯原地区の古民家を改修し、町外からの移住をサポートする交流拠点「七ケ宿くらし研究所」(仮称)を来春開設する。希望者が宿泊、滞在できるゲストハウスに再生し、移住の関連情報..

新着【岐阜】新天地は大自然の中 郡上市明宝の石窯体験レストラン
中日新聞-2015年11月29日
奥美濃の山々が連なる郡上市明宝地区。清流・吉田川上流の静かな穴場に、石窯料理を楽しめる体験レストランがある。三年前、愛知県から移住してきた松原章子さん(44)がオープンした「みどりの谷」。美しい自然と優しい人たちに囲まれ、自分の生き方をやっと見つけた。 ..
新着【岩手】農村の暮らしに魅力 地域おこし協力隊
岩手日日新聞-2015年11月26日
東京都小平市出身の髙木秀一さん(25)は、国の交付金事業「地域おこし協力隊」として8月下旬に一関市に派遣された。同市萩荘字栃倉地内で農村生活を体験しながら、いちのせきニューツーリズム協議会が実施する移住・定住促進事業など ..

【徳島】空き家再生-Vol.3
徳島新聞-2015年11月21日
都市部と農村部では、空き家活用の視点は大きく異なります。田舎では地域コミュニティや豊かな自然環境を重視するのに対し、都市部では勤務先や学校との距離などの不動産的価値を優先する傾向があるようです。県内の都市部でも少子高齢化が進行する中..


【山梨】田舎暮らし体験イベント:空き家や古民家を会場に あす上野原市西原で
毎日新聞-2015年11月21日
過疎と高齢化が進む上野原市西原で22日、空き家や古民家を会場に、「田舎暮らし」を体験するイベント「はたけっとまーけっと」(同実行委主催)がある。移住希望者らを招き、古民家の見学や実際に移住した人、地元住民とのふれあいを通じ、..

【山梨】下関・菊川に英国風庭園
読売新聞-2015年11月21日
下関市菊川町に住むNPO法人「ふるさと下関応援団」理事、手嶋真二さん(73)が、所有する同町の山林を自らの手で整備し、約10年がかりで英国風の庭園に仕上げた。一般開放しており、来園者数は通算約1万人に ..
【山口】名水イメージ、長野に及ばず…山梨が戦略策定へ
読売新聞-2015年11月20日
おいしい水、きれいな水と聞いて山梨県をイメージする人は多いが、長野県に一歩及ばない――。山梨県が誇る「水」を巡り、こんな実態が山梨県のアンケート調査から浮き彫りになった。県は「水の魅力を活用できていない」として、 ..

【佐賀】京橋で佐賀のイベントアイデアコンペ最終投票 蔵でカラオケやリアル図書館戦争も
日本橋経済新聞-2015年11月17日
京橋の「移住・交流情報ガーデン」(中央区京橋1)で11月22日、佐賀県への移住をテーマにしたイベント「知ろう、行こう、住もう、佐賀フェスタin東京」が開催される。..


【岡山】津山市が移住希望者向けツアー 先輩との交流や空き家紹介
山陽新聞-2015年11月16日
津山市は14、15の両日、岡山県外の移住希望者を対象にしたツアーを市内で開き、先輩移住者との交流会や空き家物件の紹介などを通じて、津山での暮らしを体感してもらった。..
【島根】理想の山里で果樹育てる
読売新聞-2015年11月11日
松江市の中心部から南へ車で約20分。宍道湖を望む標高約400メートルの同市・忌部いんべ高原に住み、約2・4ヘクタールの農園を営む。クリ300本で始め、今ではリンゴやブルーベリーなど25種類が育つ。...

【北海道】ニセコの魅力 積極的に創出 市民団体が設立総会
北海道新聞-2015年11月10日
【ニセコ】自然と親しむ環境の整備や青少年育成、移住者支援などに取り組む「ニセコ創生協会」の設立総会が9日、町民センターで開かれた。町出身者、移住者計13人が出席し、事業計画などを承認。年明けにもNPO法人認証を受ける見通しで、2016年度から本格的に活動する..
【滋賀】田舎暮らしフェスタ:「湖北暮らし」熱くPR 見学ツアーに移住希望者ら23人 長浜
毎日新聞-2015年11月8日
湖北地域への移住をPRする「田舎暮らしフェスタ2015」が7日、長浜市余呉町下余呉の余呉湖観光館前広場などで開かれた。地元の集落にある空き家を見学するツアーや、県外から移住してきた女性たちによるステージトークなどが繰り広げられた。..

【岩手】田舎暮らし「お試し移住」事業スタート
河北新報-2015年11月6日
都市農村交流を進める岩手県一関市の官民組織「いちのせきニューツーリズム協議会」は、市への移住を促そうと「お試し移住」事業を始めた。最大5人が有料で2~7泊できる滞在体験住宅1棟を用意し、自炊暮らしで地域の魅力を体感してもらう。..

ちょっとひといき

あなたの出身県を当ててみせます!

こんな面白いサイトがあったんですね。方言に関するたった数問の設問に答えるだけで「言語形成期」といわれる3~14歳の時期にあなたがどこで過ごしたのかをピタリと当ててしまうそうですよ。いまのところ、正答率は約8割だそうです。東京女子大学作成。

出身地鑑定!! 方言チャート http://ssl.japanknowledge.jp/hougen/

ほのぼの感動写真館
ステキな写真がいっぱい

近年ますます注目されるようになってきた移住。その魅力を伝える写真を掲載しています。不定期の更新ですが、よりよい写真を撮影し、コツコツと掲載できるように手づくりでがんばっています。

また、皆さんからのほっこりスナップも随時募集しております。ステキな写真が撮れたら是非送ってみてくださいね。

写真館へGo!写真を投稿する

地方移住を応援します!
≪自治体だよりコーナー≫

全国の自治体様などが発信する田舎暮らし関連の応援企画やイベント情報を順次ご紹介しております。移住先やIJUターン先を選ぶ参考にもなると思います。情報のご提供はこちらからお申込ください(掲載無料・事前審査あり)。

2015年12月2日更新


【東京】石川県は新・農業人フェアに出展します!

農業に関する情報収集のチャンス!
東京で開催される就農希望者向けイベント「新・農業人フェア」に、石川県が相談窓口を出展します。
就農支援のスタッフが農業に関する相談をお受けします。
12月12日は、能登町も出展します。能登地域での農業・暮らしについて、より具体的にご相談いただけます。

【内容】

石川県だけでなく、全国の自治体が出展しておりますので、農業に関する情報を効率的に収集できるチャンスです!

「いつか独立して農業を始めたい」、「就職・転職先として農業法人を検討したい」、「農業に興味があるが、何から始めればよいかわからない」など、農業にご興味のある方は、なんでもお気軽にご相談ください。

【日時】10:30〜16:30(16:00受付終了)

【開催場所】池袋サンシャインンシティ 文化会館(東京都豊島区東池袋3-1) 

【お問い合わせ先】

(公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:金曽、岡部
電話:076-225-7621


詳細はこちら


【東京】宮城県・広島県共同移住フェア開催!

地方ってどこだ?

人口100万人以上の政令指定都市を擁し,それぞれの地方ブロックで中枢拠点性を有する宮城県と広島県が共同で移住フェアを開催。

トークセッションでは,ソトコト副編集長の小西氏をコーディネーターに迎え,宮城県と広島県で,新たな流れを「つくる」実践者がパネリストとして登壇します!

【日時】2015年12月20日(日)11時から16時(トークセッションは13時から15時)

【会場】東京交通会館12階 カトレアサロン

【お問い合わせ先】
広島県交流・定住促進協議会事務局(広島県地域政策局地域力創造課内)
TEL:082-513-2581

詳細はこちら

田舎暮らしデータバンク

田舎暮らしや地方移住などに関する有益な情報を発信しているサイトの登録を随時受け付けております。登録は無料、相互リンクにご協力願います。当サイト担当者がリンク設置の有無を確認したうえで登録しておりますのであらかじめご容赦願います。

田舎暮らしデータバンクへの登録や推薦の申請はこちらで承っております。

田舎暮らしデータバンクの主なもくじ

  1. 公的機関の田舎暮らし・移住支援・観光窓口
    自治体等が行なっている移住支援・Uターン・就農相談受付窓口のご紹介
  2. 先輩たちの経験談
    実際に移住してマイライフを楽しんでいる方々のご紹介・体験談など
  3. 移住して就農をするための情報
    新規就農に役立つサイトのまとめ
  4. 菜園や農業の知識を身につける
    ベランダ菜園で準備運動。さあ、思い切って始めてみよう!
  5. 地方移住を支援する情報
    Iターン・Uターンして地方移住する就職情報
  6. 不動産物件情報
    田舎暮らし向きの不動産物件や古民家物件を取り扱っている不動産業者の紹介
  7. ぶらりと田舎を旅してみる
    グリーンツーリズム、旅行しながら下調べをする
  8. 田舎で遊ぶ
    自然はともだち!野外でのさまざまな遊びかた集
  9. 地方の特産物
    隠れた名産やその地元でしか味わえないローカルフードなどを案内
  10. 地方の祭り
    伝統的な祭りから最新イベントまで~こんなところからも地方移住のイメージをつかんでみよう!
  11. 古民家とは
    古民家についての解説や各地の古民家案内、実際の古民家物件、古民家移築に関するノウハウ、古民家材の紹介など古民家好きにはたまらない情報ばかりです。
  12. ログハウス
    田舎暮らしにピッタリのログハウス建築やログハウスキット、物件などを紹介

総目次へGo!

田舎暮らし不動産情報


こだわり派は必見!



別荘も充実!

[PR] 公的サイトのご紹介

見つけて!
やまぐちニューライフ

山口県への移住をお考えの方のためのIJUターン支援サイト。

 

 

 

-「半農半X」の田舎暮らしで見知らぬ地域の担い手になってみる-

普段から無農薬野菜や無添加の化粧品などが好きだったし、「飽きた」とは言い切れないまでも、都会の生活にも少しくたびれていたときだった。そんな折りに大阪市内で開催されたIJUターンフェアに顔を出したところ、島根県の田舎暮らし関係者から「半農半Xで移住してみないか」と声をかけられた。

聞けば、初心者向きの農業研修が受けられて、そのうえ最長二年の間は助成金として月額12万円もいただけるらしい。それぞれの「X」に相当する職種にあった仕事まで紹介してくれる。さらには農業研修後、農業をはじめる際に必要な設備資金の補助制度もあるとのことだった。

Hさんは2泊3日の現地体験ツアーにも参加したあとで「これなら私でも何とかやっていけそうだ」と思い立ち、島根へのIターン移住に踏み切った。自治体からの田舎暮らし助成金と看護師をしていたHさんにとっての「X」である病院からの給与を合せても、以前よりはだいぶ収入は減ってしまったが、「この島根での生活サイクルとかリズムは私にピッタリ」と笑顔で話してくれた。いまの農業研修が終わると、今度は自分たちで耕作地を広げ、今後約5年計画で農業による収入として年間で約90万円程度の販売額を目指していくのだそうだ。